2021-06-21

引っ越してから家が大変快適であるというのと、外に出なくても運動不足を一定免れる方法(ヨガ)を身に着けてしまったため、より一層出歩かなくなった。

まあコロナが収まったらいま少し出かけるようにするかな。

 

シールシャーサナはおおむね体が真っ直ぐになったので、今はとにかく慣れのタイミングだと思って回数を重ねている。自信がついたら脚の伸ばし方を変えるのにチャレンジしよう。

 

内転筋のストレッチを始めてから、プレーンが少しやりやすくなった気がする。ヨガだけでブレークスルーできる場面とそうでない場面があるので、やっぱり色々取り合わせてやっていくのが良さそう。

 

シールシャーサナができたので何らか自分にご褒美をあげたいような気分だが、欲しいモノが特にない。

2021-06-20

ラズパイとmotioneyeos使ってヨガカメラを設置したところ、自分ではまっすぐと思ってたけど膝が曲がってた。膝を伸ばしたらお腹側に傾いてた。とりあえずここからやな。

シールシャーサナがうまくできるようになったら順当に行くとピンチャマユラーサナ、それから伸肘倒立か。股関節の柔軟さが必要なアームバランス系もいつかできたらいいな、的な。

まあ焦らず条件を整えていこう。そうすればできるやつはできる。できないやつはできない。

2021-06-19

うっかりシールシャーサナができてしまったので、人生の目標がなくなった…というのは言い過ぎだが、若干拍子抜けした。まあ体を真っ直ぐにしたり、入り方を工夫したりとシールシャーサナ自体で色々やることがあるのでやっていく。他のアーサナではあまり使わない筋肉を使うので、練習すること自体が色々と良さそう。

次の目標はヴィシュヴァーミトラーサナかな。まあ、これこそ一生できる気がしないが…

2021-06-16

https://www.goodspress.jp/news/379128/

タブレットをPCみたいに使いたがる人いるけど(開発までしたがる人もいる)、普通にノートPC使えばいいのに、といつも思う。

こういうのを痩せ我慢という。

 

ヘルシオ

・庫内クリーン

・給水タンクとつゆ受けタンクの掃除

★食洗機

・庫内お手入れ

・残滓フィルター掃除

・かご掃除

・排水フィルター掃除

ウォーターサーバー

・タンク掃除

★洗濯機

・乾燥フィルター掃除

・庫内掃除

★掃除

・風呂の排水口

・シンクの排水口

・トイレ

・階段

★掃除機

・フィルタ掃除

 

これ毎週はやりすぎだろう。

純化のために毎週の予定にしていたが、組み直そう。

 

ヘルシオ

・庫内クリーン(毎週)

・給水タンクとつゆ受けタンクの掃除 (隔週)

★食洗機

・庫内お手入れ(毎週)

・残滓フィルター掃除(毎週)

・かご掃除(毎月)

・排水フィルター掃除(毎月)

ウォーターサーバー

・タンク掃除(毎週)

★洗濯機

・乾燥フィルター掃除(毎週)

・庫内掃除(隔週)

★掃除

・風呂の排水口(隔週)

・シンクの排水口(毎週)

・トイレ(毎週)

・階段(隔週)

★掃除機

・紙パック交換(毎月)

 

毎月と隔週のは被せたくないので、毎月のを第一週に、隔週のを第二・第四週にやればいいか。

そしてこの内容はどこかに移そう。

2021-06-15

最近はプロテインオートミールを両方用意して、先にプロテイン飲みつつヨガしてから冷めたオートミールを食べるのがお気に入り。やっぱりヨーグルトオートミールは冷めてた方がうまい。

あとプロテインの方が吸収は早そうだし、朝一番の栄養としては適しているのではないか。

 

「プロ奢ラレヤー」の記事一覧 | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

こういう「呪いを解く」ための言説が今の時代には必要だと思う。そして必要だからこそフォロワーやファンがついているのだろう。

NewsPicksでどこぞのCEOやらが「こういう考え方はいただけない」と言っているらしい。呪われて生きるのも呪われずに生きるのも人の勝手だけど、「俺は呪われる生き方が正しいと思っている、お前らも呪われろ!」はナシだよな。頑張ってお金儲けをする人が減ると経済が回らなくなるって?大丈夫、それはお前さんが心配することじゃない。

 

だいぶ前に、奥さんのピラティスについていって「頭立ちができるようになりたい」と先生に相談したところ「腕を伸ばして出来るだけ横から下げる動きをしたらいいんじゃないか」という答えをもらった。多分これは胸椎の上の方が固くて邪魔になる、という意味だったんじゃないだろうかと今は思っているのだが、今回整体に行って同じことを言われて頭の中でつながった。

確かに整体に行った後だと頭立ちの途中バージョン(脚を曲げたまま上げる)が以前より楽にできるようになっていたので、ここのやりやすさは背骨の上の方の固さと大いに関係があるようだ。

つまり何が言いたいかというと、全くの偶然でシールシャーサナのヒントが手に入った。(整体の先生には別に「頭立ちができるようになりたいんですけどぉ」とは言ってない)

多分だけど、背骨の正しい湾曲?がないとシールシャーサナはやりづらいのではないだろうか?というのは逆さまになることで脚の代わりに頭〜腰あたりで下半身を支えることになるので、背骨がまっすぐだと前後の揺れが吸収されずバランス取りづらくなるんだろうな、と。

(逆に言うとシールシャーサナ自体に背骨を調整する効果もあるのかもしれない)

なのでまあ、先に背骨を調整する。同時に他のアーサナで必要な筋肉をつけていき、シールシャーサナ自体の練習を怪我しないように気をつけてやっていく…というのがいいコースなんじゃないだろうか。

 

2021-06-14

整体はよかった。適宜通おう。

 

仕様の調整をするために話したりするのは嫌いではないが、今やってるパフォーマンスチューニングみたいに黙々と細かいことやる方が好きかも。